サービス ページタイトル

レスポンシブサイト|サービス|東京でレスポンシブサイトを制作するならイッツへ

有限会社イッツ ロゴ
ひとつのWebサイトで、パソコンやスマートフォン、タブレット端末など
様々なデバイスで閲覧できるレスポンシブサイトのご紹介です。
HOMESERVICES/サービス > RESPONSIVE WEB DESIGN SITE/レスポンシブWebサイト
ワードプレスを使ったホームページの制作
レスポンシブサイトでホームページのマルチデバイス化を実現
レスポンシブサイト(レスポンシブWebデザインサイト)は、パソコンやスマートフォン、
iPadのようなタブレットなどの マルチデバイスに対応したWebサイトです。
レスポンシブ(=responsive)とは「反応」の意味で、ひとつのWebサイトで
画面幅に反応してデザインを変え、様々なデバイスに最適な見た目を提供。
インターネット利用における、スマートフォンの割合がパソコンを上回ったこと*1
Googleが推奨しSEO的にも優れていると言われていることなどから、
企業ホームページはもとより、神奈川県のホームページなどの
官公庁・各種団体のWebサイトでも採用されはじめています。
弊社では、HTMLで制作する方法*2、WordPressを使って制作する方法、どちらにも対応可能。
お客さまのニーズや状況に合わせて最適な方法をご提案いたします。
レスポンシブサイトを作るなら東京のイッツのお任せください。
*1:世界的な調査会社「ニールセン」によると、インターネット利用の70%がスマートフォンであるとしています。
*2:現在ご覧いただいている、弊社ホームページもレスポンシブとなっています。
作品はこちら
レスポンシブWebデザインの導入のメリット
○ パソコン・スマートフォン・タブレット、それぞれに最適化されたデザインのサイトが構築できます。
○ 個々のデバイスごとにURLを用意する必要がなく、サイトのURLを一本化できます。
○ ひとつのソースで複数のデバイスに対応できるので、運用を一本化できます。
○ Googleが推奨しているようにSEO的に有効です。
× ワンソースで複数のデバイスに対応させるため、ソースが複雑になり開発・運用に様々な制約が生じることがあります。
弊社が提供できるサービス
レスポンシブサイトの制作(HTML・WordPressで制作可能)
プラス
WordPress
多言語ページの制作
コピーライティング
翻訳
SEO内部対策
フラッシュ制作
ブログ
特徴
HTML・WordPressどちらでもレスポンシブサイトの制作が可能です。
◎ コピーライティングも同時に承っています。
◎ WordPressによる、翻訳も含めた多言語ホームページ制作も承っています。
デバイス別の見え方(html)
<パソコン>
パソコン
<タブレット>
タブレット
<スマートフォン>
スマートフォン
デバイス別の見え方(WordPress)
<パソコン>
パソコン
<タブレット>
タブレット
<スマートフォン>
スマートフォン
基本ワークフロー
作りたいホームページのイメージ、事業内容、得意な分野、お客さまの傾向、お客さまにどのように評価されたいかなどをお聞かせください。レスポンシブサイトのメリット・デメリットについても詳しく説明いたします。
また、ホームページづくりで、不安な点、わからない点などありましたら、どんなことでも気軽にお尋ねください。
矢印 ワークフロー
ヒアリングの内容をもとに、ページのラフデザインと、ページ数やページの繋がり方をわかりやすく図式化したサイトマップを提案いたします。
ページ数などを元に、お見積も提出させていただきます。費用面などでご要望がありましたら気軽にご相談ください。
矢印 ワークフロー
プランとお見積にご納得いただけたら、制作を開始いたします。
制作中のホームページをパソコンやスマートフォンなどの画面上でご確認いただけるようにいたします。閲覧専用のIDとパスワードを用意いたしますので、デザインや原稿など修正点などありましたら、随時お知らせください。
矢印 ワークフロー
すべてのページができたら、各デバイス、主要ブラウザでの表示や動作、原稿の誤字脱字などをご確認いただきます。修正があれば調整します。
最終調整の後、ご確認いただいた上で公開になります。
矢印 ワークフロー
お電話等による問題解決や定期的な更新、追加ページの提案など、公開後のWebサイトの運用を徹底的にサポートいたします。